家財保険の特徴について

アイランド05家財保険とは、火災保険の一種に該当します。この二つの保険の大きな違いは、住宅自体にかけられているのかそれとも家財に対してなのかになります。
火災や放水で使用が出来なくなった家財に対して保証をする保険です。落雷による家電製品の故障などにも適応される契約のものもあります。
賃貸物件などの集合住宅に入居している人が加入をしている事が多いです。物件によっては、指定されたこの保険に加入する事が入居条件にはいっている事もあります。理由としては、漏水などで他の部屋に被害を及ぼした場合にも保険が適応されるからです。
自分の家財の損失以外にも適応されるのがこの保険のメリットです。2年契約の掛け捨てタイプの商品が多く見られます。
地震保険は、前記の保険とセットで販売されています。保険料は、建物の所在地や面積によって異なります。地震保険は、地震や噴火による津波が原因の建物や家財の被害を保証します。
対象外になる事も有るので注意が必要です。地震の際の盗難に対しては、この保険が適応されない事が多い事です。
津波で床上浸水などの状況でもこの保険が適応されるケースがあるので、契約内容を把握します。地震保険は、建物の構造により保険料が割引される事があります。

コメントは受け付けていません。