所得税の控除額の扱いについて

アイランド02地震保険の加入により、保険料が控除の対象となることをご存じでしょうか?平成18年度以降から法改正によって、従来の火災保険や傷害保険料の一部を所得から差し引く損害保険料差し引くものから、地震保険加入者のみが対象となりました。
地震保険の税金を差し引く制度の背景としては、東北の大地震によって地震保険の重要性が問われることとなり、加入者を促進させるため制度改革を行いました。火災保険に地震保険を付帯させることで、1年間の保険料に応じた額が定められます。その定められた額を所得額にかかる税金や住民税から差し引かれる制度です。
この制度の対象には、自分たちが住むための居住用住宅や家財道具の損害を目的とした火災保険であることが大前提になります。そして、その火災保険の契約者本人や、生計を共にする配偶者や親族が対象となります。
所得税の控除される額としては、払い込んでいる保険料が5万円以下の場合には払い込み保険料全額が差し引かれることになります。払い込み保険料が5万円を超える場合には5万円が差し引かれます。
住民税の差し引かれる額としては、払い込んでいる保険料が5万円以下で払い込み保険料の半分が差し引かれ、5万以上の保険料を払い込んでいる場合には2万5000円が差し引かれるようになっています。

コメントは受け付けていません。