地震保険料の割引制度について

アイランド03地震保険には、様々な割引制度というものがあります。建物の築年数や耐震等級に応じて安くなることがあるのです。また、免震建築物である場合に保険料が安くなることもありますし、耐震診断の結果でお得になる場合もあります。
保険会社によって割合は異なるものの、利用しない手はありません。持家やビルなどの建物に地震保険をかける場合、知っておいた方がよい情報です。これから建物を建てる場合も、参考にするといいです。
保険の掛け金が安くなるケースは他にもあります。住んでいる地域によって、料金システムが異なるのが一般的なのです。
地震保険の料率は、居住エリアと建物の構造によって決まります。これから引っ越すという人は、その地域の料率を知っておいた方が役に立ちます。
参考までに、各地域の料率がどうなっているか紹介していきます。耐火性の高い建物は安く、低いものは高くなっています。建物構造で多少変動してきますので、その点は留意してください。
まずは北海道・東北エリアです。北海道・青森・宮城がやや高めですが、あまりエリア内の差額はありません。
関東では東京とその近郊エリアが高めです。北陸・東海地方は静岡と愛知が高くなっており、その他は平均的です。関西は大阪とその近郊で高めに設定されており、南に行くにつれて低くなっています。

コメントは受け付けていません。